新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

注目されたい!目を引きやすい魅力的なチラシをデザインするコツは?

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/01/19

わざわざチラシを作成しても、興味を持って見てもらえなければ無駄になります。数ある多くのチラシの中から、自分が作成したチラシを手に取ってもらうには目を引くデザインにすることが重要です。それでは、目を引くデザインとはどういうものなのでしょうか。今回は、目を引く魅力的なデザインにするコツやポイントをご紹介していきます。

ターゲット層と目的を分析しよう

まずは、誰に向けての何を伝えるチラシなのかを考えます。そして、そのターゲット層がチラシを読みどのような行動に出てほしいのか、ターゲットや目的を確認しましょう。

これらを確認し把握するために、有効なのが「5W1H」です。When(いつ)、Where(どこで)、Who(だれが・だれに)、What(何を)、Why(どのように)、そしてこれを分析し明確にすることがとても重要です。これらを明確にできれば、チラシのデザイン、情報などが迷わず作成できます。

When(いつ)は実施期間や期限、Where(どこで)は実施場所や配布エリア、Who(だれが・だれに)は情報発信者やターゲット層、What(何を)は商品名や商品情報、Why(どのように)は目的や企画理由、というように考えていきます。たとえば、年末年始、店舗で、店が、バーゲンセールを、来場者50%オフに、というように具体的に示して作成していきます。

また、最も伝えたい重要な情報は目立たせる必要がありますが、どれもこれもとすべてを目立たせるとかえって分かりにくくなってしまいます。チラシを作成する際の、情報の優先度の決定が重要なポイントです。

これを明確にすることによって、訴求ポイントが絞られて読み手が理解しやすくなります。そして、ターゲット層に訴求ポイントをしっかり伝えるチラシとなります。目を引きやすいよいチラシを作成するためには、まず誰に何を伝えたいのかをしっかり考えましょう。

「見やすく分かりやすく」は基本!

次に、チラシ作成においては、見やすく分かりやすいデザインにすることが基本になります。人の視線の動きは、左上から右上、そして左下へ、最後に右下と動きます。このZの順に動くことを想定して、訴求内容や情報を配置していきます。また、大きいものから小さいものへと順番に動きます。これらをよく踏まえた上で、情報の優先度の順番にレイアウトしていきましょう。

文章は不揃いだと見栄えが悪いので、すべて左揃えにします。また、フォントは多すぎると統一感がなくなるので1種類のみにします。フォントがチラシ全体の印象を大きく左右しますので、誰をターゲットにするかでフォントを変えるようにするとよいでしょう。

色は主に3色を使用していきます。メインの色と文章の色と強調する色の3色です。各パーツが近すぎるとバランスの悪い窮屈な印象を与えてしまいるため、余白は適切に取り見やすく調整していくとよいでしょう。文字と画像の間や周りの余白の調整もしっかりしていきます。

同じジャンルの情報はグループ化してまとめます。こうすることにより、直感的に内容が理解しやすくなります。全体を見て物足りない時は、小さいサイズのイラストや写真を入れてもよいでしょう。

どのような内容のチラシなのかを瞬時にターゲットに伝えるためには、見やすく分かりやすいデザインにすることがとても重要です。まず、基本に忠実であるということが、目を引きやすい魅力的なチラシを生み出すことにつながります

「情報過多」には注意しよう

最後に、ターゲットが重要な訴求内容をすぐに見つけやすくするために、伝える情報や文章の絞り込みが大切です。チラシを作成していくと、どうしてもあれもこれもと情報を詰め込みたくなります。

しかし、情報を盛り込みすぎると煩雑になり、読み手がどこを見てよいのか分からなくなります。そして、読み手は混乱しそこで読む気をなくしてしまいます。多くの人はチラシを目にするとき、12秒ほど目を通しただけでこのチラシを読むか読まないかを無意識に判断してしまいます。

そのため、瞬間的にポスティングチラシの内容を理解してもらう必要があります。瞬間的に判断ができない内容ですと、ターゲット層である読み手にとっての必要性を感じないため、興味を持たれなくなります。

また、読まれたとしても必要がないと判断されることもあるでしょう。読み手が興味を持ち最後まで読んでもらうために、必要な情報は絞ることが大切なポイントです。

そして、一番目に伝えたいことは何なのか、二番目は何か、三番目は、というように情報の優先度を決定し、できるだけ少なく絞る必要があります。伝えたいことを一方的に伝えるのではなく、読み手の立場になって考えることが必要です。

 

チラシの作成では、訴求するターゲット層を絞り込み、見やすく分かりやすいデザインにし、伝えるための情報の選択が重要になります。新聞折込のチラシを参考に、分析してみるのもよいでしょう。また、チラシ作成のコツを学ぶことで、結果として集客や売り上げにもつながるはずです。こうした工夫次第で、目を引きやすい魅力的なデザインを作成することが充分可能です。上記の記事を参考にして、チラシ作成に挑戦してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

株式会社新潟日報メディアネット 住所:【本社】〒950-1102 新潟市西区善久772番地2 新潟日報社黒埼本社内 TEL:【本社】025-211-3555(代表) 新潟日報メディアネットは
続きを読む
一度に多くの世帯へアプローチできるため、マンションへのポスティングは、有効な広告手段といえます。しかし、最近ではセキュリティ面の強化などにより、集合住宅へのポスティングが難しくなっています。
続きを読む
わざわざチラシを作成しても、興味を持って見てもらえなければ無駄になります。数ある多くのチラシの中から、自分が作成したチラシを手に取ってもらうには目を引くデザインにすることが重要です。それでは
続きを読む