新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

バーツプロダクション

情報誌中にチラシを織り込むことで興味を持ってもらえる!
社名 株式会社バーツプロダクション
所在地 〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25 大島ビル301
TEL:025-524-5733(平日 9:00~18:00) FAX:025-522-4618
設立 平成8年9月21日
代表者 代表取締役 大島 誠
事業内容 映像制作、デザイン、HP制作、ポスティング、ソフト販売、旅行業「かなえる旅行社」
資本金 2,000万円

ポスティングとは、チラシをポストに投函して、お店を知るきっかけにしてもらう。ある種の宣伝手法と言えます。郵便局を通したりするとどうしてもコストが高くなってしまうため、手軽に行える宣伝方法です。

バーツプロダクションは新潟市をはじめに、三条市、長岡市など下越地区を中心にポスティング事業を行っています。フリーペーパー「まるごと下越!」の発刊も行っているので、地元住民になじみのある会社のひとつかもしれませんね。

今回はそんなバーツプロダクションについてご紹介します。

配布方法ごとにコースがある

バーツプロダクションの画像2

バーツプロダクションは3つの生活情報誌を発刊しています。まずは、まるごと上越と呼ばれる、旧上越市、旧新井市中心に配布されるクーポンやサービス関連を盛り込んだフリーペーパー。

上越エリアの多くの住民に愛される情報誌です。もう2つはJCV-Fan!とよばれる雑誌と、cocolaと呼ばれる女性向けの雑誌です。この主に3つのフリーペーパーと、それに応じた配送方法があり、ノーマルとフリーペーパーに挟んで配達する方法では反応率も売り上げも違いがでてくると思います。

各情報誌に合わせたチラシを挟むことで宣伝効果UP!

バーツプロダクションではプランによって少し値段が変わります。フリーマガジンに広告を挟む場合、1枚あたり5.5円かかります。少しお高めですが、フリーマガジンに挟むことで、単独のポスティングにはない、販促効果が期待できるでしょう。

さらに、3つの違うジャンルのフリーマガジンを月間で発行しているので、自分が売りにしたい業種と、フリーマガジンのターゲット層が合えばさらなる宣伝効果が期待できるでしょう。

たとえになってしまいますが、フリーペーパーの中にテイクアウトのお店のチラシが挟まっていれば「ちょっと見てみたい」と思うかもしれませんしね。

主婦層をターゲットにしたものはファミリー系などがいいでしょう。女性ターゲットにしたものは女性をターゲットなどにしたエステ等が適しているといえます。

ただ、配布するのではなく、こういったフリーペーパーと一緒に配布してもらえるのであれば、よりほかのフリーペーパーと状況が被るものを使うといいでしょう。

バーツプロダクションの公式サイトを見てみる

地元ポスティング会社だからこそのエリアに対しての知識がある

バーツプロダクションの画像3

バーツプロダクションは、下越地方を中心に、新潟市や長岡市など。ポスティングエリアが幅広いのが特徴。地域に密着したポスティング会社だからこそのポスティング事情に精通しているといっても過言ではないです。

広いエリアに特化しているので、その地域で多い年齢層、住民傾向からより求められるサービスのチラシの提案。読んでもらえるための工夫やアイデア等、他の業者とは引けを取りませんね。

フリーマガジンも発行部数が決まっているので、それに合わせたチラシの折り込み、読んでもらうためのすり合わせ等、「自分のチラシが他の人の目に留まって興味を持ってもらえばいいな」そう思っている人はバーツプロダクションもなかなか目を離せません。

ポスティングの配布料金は、他の業者と比べると少し高めな感じなのが残念です。

しかし、料金を鑑みてもフリーマガジンに自分のところのチラシを折り込みたいのであれば、利用するかどうかの検討の余地は入るかもしれませんね。

徹底したクレーム対応

バーツプロダクションの画像4

ポスティングをしていればクレームは付きもの。住民からすれば、ポストに投函されたチラシはそのチラシに記載されている会社に投函されたと思われがちです。

ポスティング会社が投函しても、記載されている会社が投函したのだと思い「うちのポストに勝手に広告を入れないでくれ」とクレームが入ることも考えられます。

もちろん、そういったクレームはポスティングをする以上、トラブルと隣り合わせ。しかし、ポスティング業者を挟んでおけば、ポスティングの責任に関しては業者の方にあります。

バーツプロダクションに関しては、バーツプロダクションが投函した広告に関しての責任は、バーツプロダクションにあると記載されています。変な話ではあるのですが、いやなクレーム対応もそちらに投げることも可能なのです。

ただし、クレーム対応をするには証拠や情報が必要

ただ、クレームをバーツプロダクションに投げるといっても、ただ投げるだけでは会社的にもどうしようもありません。クレームが入ったのであれば、まずは情報を集めることが必要です。

バーツプロダクションの資料には、クレームの発生時にはクレーム主の情報を必ず確認する旨が記載されています。事実確認をしないことには、本当にポストに投函されたチラシはバーツプロダクションで配布したものなのかどうか判断がしづらいから。

その辺もきちんとしているので、会社的にも安心できますし、クレーム対応も委ねやすいですね。

新聞を取っていないエリアにも配布できる

バーツプロダクションの画像5

新聞に広告が挟まれているものですが、新聞を取らないとチラシを配れない…そう思われがちかも知れません。

しかし、バーツプロダクションでは新聞を取っていないエリアのポスティングもお手の物です。さらに言えば、市町村ごとで配布エリアを細かく区切っているので、自分の会社があるエリアをはじめ、近しいエリアをピックアップすることも用意です。

配布エリアの細かい詳細情報は公式ホームページにも記載されているので、ぜひ確認してみてくださいね。

まずは見積もりをしてみよう!

ポスティングの料金は結構ややこしいです。例えば、紙のサイズごとに1枚あたりの料金が違いますし、バーツプロダクションに至ってはフリーマガジンの中に広告を挟むかによっても料金の変動があります。

少し高くついても効果的に宣伝したいならバーツプロダクションに注目してみるといいでしょう。配布方法や配布する建物の指定によっても料金が変動します。

一度ヒアリングしてもらって、正確な料金を見積もってみてくださいね。客単価次第で元が取れそうなら、バーツプロダクションでのポスティングに目をつけてみましょう。

バーツプロダクションの公式サイトを見てみる
SEARCH

新着記事

わざわざチラシを作成しても、興味を持って見てもらえなければ無駄になります。数ある多くのチラシの中から、自分が作成したチラシを手に取ってもらうには目を引くデザインにすることが重要です。それでは
続きを読む
チラシは作成したら、ただ単に配布すればよいというものではありません。ポスティングには理想の頻度があり、工夫を凝らすことで反響率は大きく変わり、それによって効果も変化が現れます。しかし具体的な
続きを読む
ポスティングの方法にもさまざまな種類があり、各住居形態に適した配布方法があります。ターゲット層に合わせた配布方法にすることで、反響の効果に変化が現れるでしょう。効率よく配布していくためには、
続きを読む