新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングとDMの違いを徹底比較!それぞれ向いている場面とは?

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/10/11

ユーザーへ広告チラシを配布する場合、ポスティングとDMという方法があります。どちらも店舗案内やキャンペーン情報を告知するなど掲載内容は似ていますが、実は両者はまったく性質が異なるのです。それぞれの特性を知ることでより効果的な活用方法がわかります。広告を配布したい場合はまず、ポスティングとDMの違いを確かめてみてください。

ポスティングとDMの違いを徹底比較!

ポスティングとDMは似て非なるものがあります。まずはそれぞれの特性を比較してみましょう。

ポスティングとは

ポスティングは紙媒体の広告や試供品などを直接個人宅や事業所などのポストへ投函する宣伝手法です。ポスティングの性質は、基本的にポストが設置されている場合はチラシを配布できます。また、エリアや建物の種類、配布時間、などを絞ることができるため戦略的にターゲット層の行動を予測しチラシを配布することが可能です。

DMとは

DM(ダイレクトメール)は、住所やメールアドレスを把握している顧客に対してはがき、封筒、メールなどを送る方法です。主に、過去店舗利用しDM希望している顧客に対して商品情報、店舗情報、キャンペーン情報、などを送る宣伝手法になっています。

ポスティングとDMの違い

同じ宣伝手法であっても、ポスティングとDMはまったく別ものです。ポスティングが得意とするのは「新規客」の獲得といえます。特定エリアで、特定の建物に対し時間指定をしてチラシを配布することで狙ったターゲット層へ戦略的に広告発信ができるのです。それに対して、DMは「既存客」のリピート増加が期待できます

また、違いはそれだけではありません。DMにかかる費用は通常の郵送にかかる費用と同じです。いちばんコストが低いはがきで一通63円(税込)かかります。それに対してポスティングは1枚当たりおよそ2円~8円です。配送までの日数としては、DMは通常の郵便期間と同じ13日ほど。ポスティングは広範囲のエリアで1件ずつ配布していくため期間は1週間ほどかかるでしょう。このように、ポスティングとDMはまったく違うのです。

ポスティングは低コストで広範囲に広告を出したい時に有効ですね。DMはコストが高くなりますが、既存客との信頼関係が築けている場合が多く反響率も高くなります。両者の特性を理解し有効的に活用しましょう。

ポスティングが適しているケース

それでは、ポスティングを有効活用するためにはどのようなシーンが向いているのでしょうか。それぞれのパターンを紹介します。

新規客を狙う

新規客を獲得することがポスティングの強みです。商品やサービス内容に合わせてエリアを特定、想定したターゲット層の行動パターンに合わせて最適なタイミングで投函します。DMに比べると反響率が低いため、ある程度まとまった部数配布しなければなりませんが、戦略的にポスティングすることで反響率を高めていくことができるでしょう。

若い世帯層を狙う

ポスティングは若い世帯層に向いています。たとえば、新聞折り込みチラシなどの広告もありますが、新聞を購読している世帯は高齢者層がほとんどです。新規で狙うターゲット層が単身者や若い子育て世帯などであればポスティングを有効活用しましょう。また、その際ターゲットの行動パターンに合わせてチラシを手に取りやすい時間帯に配布することがおすすめです。

地域住民を狙う

新店オープンなど地域住民の認知度を高めたい場合にもポスティングが有効です。ポスティングは細かいエリア設定や建物の種類を設定できるため、地域性を調べその特性に合わせた広告内容や配布方法で反響率を高めることができるでしょう。

ノベルティを配布する

チラシの価値を高め、手に取ってもらうためにノベルティをつけることも効果的です。DMでもノベルティの内容によってはつけることができますが、とくに大きなものなどDMのはがきや封筒には添付しきれない時もあります。たとえば、うちわ、タオル、ハンカチ、ティッシュ、アクセサリー、カイロ、マスクなど、ターゲット層の必要なものをつけることで必ず手の取ってもらうことができるでしょう。

DMが適しているケース

次にDMが適しているケースを紹介します。

リピーターを狙う

すでにサービスを利用したことのある顧客にたいして、新商品の紹介やお得な情報を届けることでリピートのきっかけをつくります。大切な顧客のアフターケアにもつながるため、信頼関係構築にもなるでしょう。しかし、ただ宣伝するだけでは顧客離れにもなってしまうため顧客にとって有益な情報となるよう心掛けるとよいですね。

初回購入のお礼

初来店、初回購入など初めてサービスを利用してくれた顧客に対してお礼のあいさつを送るケースです。たとえば、サービス利用後の1週間から1ヵ月くらいのタイミングで、お礼の言葉やその後の様子を伺い、次回使うことができるクーポン券をつけるなどすることで喜んでもらえます。一度利用しただけでは印象が薄い場合であっても、再度DMすることで思い出してもらうきっかけとなり、印象も高まるでしょう。

 

いかがでしたか?今回はDMとポスティングの違いを比較し紹介しました。それぞれの特性を見ていくとまったく違うことがわかりますね。広告宣伝を行う場合には、サービス内容や、広告の目的、ターゲット層、コスト、反響率などさまざまな点を考慮し最適な方法を選びましょう。適切な手法を選ぶことでより効果的なアプローチができますね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

わざわざチラシを作成しても、興味を持って見てもらえなければ無駄になります。数ある多くのチラシの中から、自分が作成したチラシを手に取ってもらうには目を引くデザインにすることが重要です。それでは
続きを読む
チラシは作成したら、ただ単に配布すればよいというものではありません。ポスティングには理想の頻度があり、工夫を凝らすことで反響率は大きく変わり、それによって効果も変化が現れます。しかし具体的な
続きを読む
ポスティングの方法にもさまざまな種類があり、各住居形態に適した配布方法があります。ターゲット層に合わせた配布方法にすることで、反響の効果に変化が現れるでしょう。効率よく配布していくためには、
続きを読む