新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングと新聞折込チラシの違いとは?それぞれの違いを比較!

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/08

チラシを配布しようとした時、その方法について悩むこともあると思います。大きく分けて、ポスティングと新聞折込チラシの2種類の方法が考えられます。直接チラシが手元に届くという点では、どちらも同じですが、それぞれに特徴があります。チラシの効果を充分に発揮させるために、ポスティングと新聞折込チラシの違いを理解しておきましょう。

ポスティングと新聞折込チラシの特徴

チラシ配布をする際は、ポスティングと新聞折込チラシの特徴を理解し、目的に合った方法を選ぶようにしましょう。

ポスティングの特徴

ポスティングは、チラシなどを個人宅のポストに投函するサービスです。投函は、ポスティング会社の配布スタッフが行います。戸建世帯のみ、集合住宅のみなど、配布先を指定できるため、ターゲット層が多く住むエリアにポイントを絞ることも可能です。

チラシの大きさや形態に自由度があるのも特徴です。冊子やマグネット式、サンプル付きのチラシも増えてきています。しかし、配布先を指定できるとはいえ、不特定多数の自宅ポストに投函するため、チラシを望まない人にも届いてしまうということをふまえておかなくてはなりません。

また、ポスティング会社によって配布の質が異なる傾向にあります。きちんとポスティングされているかをランダムにチェックするシステムが確立されていたり、配布スタッフの教育に力を入れていたりする、きちんとした会社を選ぶことをおすすめします。

新聞折込チラシの特徴

新聞折込チラシは、新聞にチラシを折り込んで届けるサービスです。新聞販売店で新聞に折り込み、配達員が配達します。指定したエリア内で新聞購読を契約しているすべての世帯に届けられます。「チラシ投函禁止」と書かれているポストや、チラシ投函不可のマンションでも、新聞購読をしている世帯であれば必ず届きます。

スーパーや商店街のチラシなど、地域密着型の情報が多く見られるのが特徴です。広い範囲に配布する場合でも、エリアごとに販売店があるため、指定された1日ですべての世帯に配布が可能となります。そのため、スピード感を必要とされる場合に向いているといえます。

ポスティングと新聞折込チラシの違い

ポスティングと新聞折込チラシには、さまざまな違いがあります。具体的に比較してみましょう。

配布方法

ポスティングは、ポスティング会社の配布スタッフが、指定されたエリア内でチラシを配布します。指定されたエリアでも、チラシ投函禁止の旨を表示されているポストには投函できません。

新聞折込チラシは、販売店で新聞にチラシを折り込み、配達員が配達します。ポステイングと違い、チラシ投函禁止のポストであっても、新聞購読契約をしている世帯すべてに届けられます。

配布エリア・配布スピード

ポスティングは、会社がカバーしているエリアであれば、自由に指定できます。番地まで指定ができるので、ピンポイントで配布したい場合にも便利です。反面、広範囲に配布したい場合、カバーエリアによっては複数のポスティング会社に依頼する必要が出てくることもあります。また、エリア内であっても、広範囲の場合は数日かかることもあります。

新聞折込チラシも、配布エリアが指定できます。全国紙であれば、全国の販売店で同時に配布し、1日で全国への配布を完了させることができます。広範囲に配布したい場合、スピード感を要する場合に強みを発揮します。注意点は、新聞販売店の管轄エリアが最小単位となるため、それ以下の単位でのエリア指定ができないことです。

ターゲット

ポスティングは、マンションのみ、戸建てのみなど、ターゲットを指定してチラシを配布することが可能です。指定の仕方は自由度が高いため、狙ったターゲットに配布できます。

新聞折込チラシは、購読契約をしている世帯にのみ配達されます。最近では若い世代の新聞購読者が減少しているため、比較的高めの年齢層をターゲットにしている場合に効果があるといえます。

配布日の指定

ポスティングは、配布期間を数日間設け、その範囲内で配布するというのが一般的です。荒天の日は配布不可能な場合もあるということを理解しておきましょう。新聞折込チラシは、休刊日以外で1日指定します。荒天であっても、新聞の配達があれば必ずその当日に届けられます。

配布可能なもの

ポスティングは、A4あるいはB4サイズのチラシが中心となりますが、サンプル付きチラシ、マグネットタイプのチラシも多くなってきています。自由度があり、料金は高くなりますが、ほかのチラシとの差別化を図る方法のひとつといえるでしょう。

新聞折込チラシは、B4サイズのチラシがもっとも一般的ですが、そのほかのサイズの配布も可能です。

費用

費用に関しては、新聞折込チラシよりも、ポスティングのほうが、高めの傾向があります。もちろん、地域やチラシの大きさなどにより異なります。業者によっても価格差があるため、前もって見積もりをとるようにしましょう。

近年ポスティングの需要が高まっている

ネットの普及もあり、近年では新聞購読をしていない世帯も増えてきています。とくに若い世代では、その傾向が顕著です。そのため、新聞購読をしていない層にもアプローチができるポスティングの需要が高まってきているのです。

また、若い夫婦、小さい子どもが多いエリア、マンションが多いエリア、戸建が多いエリアなど、エリアごとの特色を考慮してチラシ配布ができる点、サンプルやマグネットタイプでほかと差をつけられる点なども、ポスティングが選ばれる理由のひとつとなっているのでしょう。

まとめ

ポステォング、新聞折込チラシには、それぞれのメリットがあります。配布するエリア、ターゲットにより、どちらが適しているかを考えて選ぶことが重要です。その際、スピードを重視するのか、広範囲に配布することを重視するのかなども同時に考えるとスムーズです。それぞれのメリットを考え、最大限にチラシの効果を発揮できる方法を選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

集客方法のひとつとして利用する店舗が多いポスティングですが、ポスティングはクレームが起こりやすいともいわれています。宣伝のためにポスティングを行ったのにクレームになってしまっては、お店の評判
続きを読む
チラシを配布しようとした時、その方法について悩むこともあると思います。大きく分けて、ポスティングと新聞折込チラシの2種類の方法が考えられます。直接チラシが手元に届くという点では、どちらも同じ
続きを読む
株式会社新潟日報メディアネット 住所:【本社】〒950-1102 新潟市西区善久772番地2 新潟日報社黒埼本社内 TEL:【本社】025-211-3555(代表) 新潟日報メディアネットは
続きを読む