新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングの理想の頻度は?効果はある?

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/01/19

チラシは作成したら、ただ単に配布すればよいというものではありません。ポスティングには理想の頻度があり、工夫を凝らすことで反響率は大きく変わり、それによって効果も変化が現れます。しかし具体的な効果とは、どういうものなのかなかなか実感しにくいですよね。そこで今回は、ポスティングの理想の頻度と効果についてご紹介していきます。

ポスティングを行うタイミングで効果が変わる?

ポスティングチラシには、業種や訴求したい内容によって、配布する適切なタイミングがあります。このタイミングを変化させることで、チラシを手に取ってもらいやすくなったり、反響が増えることにつながったりします。

曜日による配布

ターゲット層により、効果のある配布の曜日は変化します。たとえば、月曜は新聞折込チラシの配布量が少ないので、新聞を読むことが多い年配の方向け。火曜・水曜は日中に在宅している専業主婦向け。

木曜・金曜は週末のイベントを考えるファミリー層向け。土曜・日曜は休日の方が多いので、平日働いている男性向け。(土曜日はポスティングチラシ配布量も多くなります。)というように、ターゲットに合わせて配布日を検討していきます。

時間帯による配布

また、ポスティングに最適な時間帯というのもあります。朝の7時~8時頃と夕方の6時~7時頃です。なぜなら、新聞の朝刊や夕刊が配布された後であるためです。チラシが朝刊や夕刊の上になるように配布できれば、チラシが目立ち手に取ってもらいやすくなります。

配布した際の反響の効果も分析して、毎回配布のタイミングを改善していくことが重要です。このように、できるだけチラシを無駄にしないように、適切なタイミングを熟考しポスティング配布の計画を立てましょう。

宣伝するものによって配布頻度を変えたほうがよい

ポスティングの効果的な配布頻度は、宣伝したい商材によって変わってきます。それぞれがどの程度、ターゲット層の日常に関わるか、また、その需要頻度の高低によって購入を考えるタイミングが異なります。

たとえば、スーパーマーケットやホームセンターなどのチラシなら、行く頻度も高いので毎日配布した方がより効果があります。また、美容院などであれば、髪が伸びカットやパーマをしたくなる約24か月が理想の周期といわれています。さらに、車やマンションなど一度契約すればよい商材であれば、6か月に一度でも効果があるでしょう。

自分の扱う商材がどのようなものかをよく見極めたうえで、配布頻度をどの程度にするか検討していくようにします。思ったように反響が得られない場合には、配布頻度を見直すことで改善することもあります。

このように、宣伝する商材によって配布頻度を変え適切な配布時期を選ぶことで、より大きな費用対効果が得られ効率よくターゲット層に訴求できるといえるでしょう。

単純接触効果を利用しよう

ポスティングは、一回配布すれば終わりだと思われがちです。しかし、ポスティングはすぐに効果が出るというものではありません。

業種により異なりますが、ポスティングの初回反響度は、平均約0.1%0.3%といわれています。(もし、この数値よりかなり低い反響であれば、何らかの改善の余地がありそうです。)1万人に配布して10人~30人という計算になります。

この反響度を考慮に入れると、毎日大量の情報にさらされている読み手に、一度配布しただけではチラシに関心を持ってもらうのは難しいといえるでしょう。そこで、単純接触効果を利用して、ポスティングチラシの効果を上げていきます。

単純接触効果とは、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果で、ザイオンス効果とも呼ばれています。大切なのは、ターゲットとチラシが接触する回数であり、接触する時間は短くても充分効果があるのです。たとえば一度だけ1時間というよりも、毎日1分のほうがより効果が高いということになります。

また、セブンヒッツ理論というものがあり、これはザイオンス効果に回数を加えた統計をもとに考えられた理論です。セブンヒッツ理論とは、広告に3回接触するとブランドを認知し、広告に7回触れると購入する可能性が高くなるという理論です。しかし、必ずしも3回、7回が最適とは限らず、あくまでも目安として参考にする程度がよいでしょう。

同じ地域に繰り返し配布することで、人は徐々に親近感を覚えていきます。そして親近感を覚えると、興味がわき徐々に購入も検討するようになっていきます。したがって、広範囲に一度だけ配るより、特定の狭いエリア内に集中して、定期的に複数回配布した方がより効果が出やすいといえるでしょう。

 

ポスティングは、ターゲット層に適したタイミングで行うことが大切で、宣伝するものにより配布頻度を変えることが重要です。配布の際は、地域を絞り複数回配布した方がより効果が現れます。ポスティングは、定期的にチラシの効果を測定し、それを分析して改善につなげていけるかが重要なポイントです。

上記の方法を試して、試す前と比較すると分かりやすいかもしれません。試行錯誤を繰り返し、効果を分析し続けることが大切なことなのです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

わざわざチラシを作成しても、興味を持って見てもらえなければ無駄になります。数ある多くのチラシの中から、自分が作成したチラシを手に取ってもらうには目を引くデザインにすることが重要です。それでは
続きを読む
チラシは作成したら、ただ単に配布すればよいというものではありません。ポスティングには理想の頻度があり、工夫を凝らすことで反響率は大きく変わり、それによって効果も変化が現れます。しかし具体的な
続きを読む
ポスティングの方法にもさまざまな種類があり、各住居形態に適した配布方法があります。ターゲット層に合わせた配布方法にすることで、反響の効果に変化が現れるでしょう。効率よく配布していくためには、
続きを読む