新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングの方法にもいろいろと種類がある?各配布方法まとめ!

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/01/19

ポスティングの方法にもさまざまな種類があり、各住居形態に適した配布方法があります。ターゲット層に合わせた配布方法にすることで、反響の効果に変化が現れるでしょう。効率よく配布していくためには、ポスティングの種類や方法を知っておくことが重要です。そこで今回は、ポスティングの種類とその配布方法についてご紹介していきます。

ポスティングの配布方法にはどんなものがあるの?

ポスティングの方法には大きく分けて、軒並み配布と全世帯配布、選別配布という配布方法があります。

軒並み配布

軒並み配布は、ローラー配布ともいわれ、すべての建物へ配布する最も一般的な配布方法です。ポスティングチラシ禁止のマンションなどを除いて、すべてに配布していきます。エリアの約70%に配布ができ、時間もかからず費用も低く抑えることができます。

しかし、住宅を選択せずに配布していくので、反響率や効果は選別配布に比べて低下する傾向にあります。最初にポスティングをする場合にはおすすめです。何度か軒並み配布を試してみて、その反響や効果を分析してから、選別配布などに変更していくと効率がよいでしょう。

全世帯配布

全世帯配布は、文字通りすべての世帯に配布する方法です。100%配布できますが、その分時間もかかり、費用も割高になります。全世帯に届けなくてはならない自治体のお知らせや選挙公報など、主に公的なもの・行政関係のもの向けになります。

選別配布

その他の配布方法として、セグメント配布ともいわれる、選別配布があります。戸建や一軒家に限定した一軒家指定や、マンションやアパートなどに限定した集合住宅指定などがあります。

戸建や一軒家には基本的にポストが一つのみとなるので、一度に複数のポストに投函できるマンションなどの集合配布に比べ配布時間が長くなります。ただ、幅広い年齢層に配布することが可能です。

マンションなどの集合住宅は、一度にまとめて多く配布できますが、多くのチラシが配布されており、その中で目立たなくなり埋もれてしまう可能性もあります。また、集合住宅の中には、ポスティングチラシ禁止のマンションなども多くあるので注意が必要です。

その他としては、会社や店舗を除外した、会社・店舗除外などもあります。選別配布は、ターゲット層をはっきり絞れる場合に適した配布方法といえるでしょう。

商圏エリアが狭い場合に適した配布方法は?

商圏エリアが狭い場合に適した配布方法としては、選別配布がおすすめです。商圏エリアとは店舗に集客できる範囲です。商圏エリアの種類として代表的なものに、距離商圏という距離による区分があります。

距離商圏には店舗からの距離に応じて、1次商圏・2次商圏・3次商圏の3つに分けられます。そのうち1次商圏は、店舗からの所要時間が徒歩で1015分程度、来店の頻度はほぼ毎日。2次商圏は、店舗からの所要時間が自転車で1015分程度、来店の頻度は週に1~2回。3次商圏は、店舗からの所要時間が電車や自動車で3040分程度、来店の頻度は月1~3か月に1回、というように区分します。

商圏エリア内の住民の中で、その割合が多い層を調査しターゲットを絞ることができます。ターゲットを絞ることができれば、ポスティングの効果や費用対効果も上がります。もちろんその場合には、事前に商圏エリアの分析やマーケティングが必要になります。

たとえば、新築マンションのチラシはアパートやマンションに、リフォームや介護のチラシであれば戸建へ配布するなど、住民を想像して検討します。このように、ターゲット層を絞っていく選別配布であれば、商圏エリアが狭い場合に適している配布方法といえます。

ポスティングが成功するかは戦略次第

ポスティングチラシは、たとえ短い時間であっても必ず読み手に一度は視認されます。また、配布するエリアやターゲットを自由に選別できます。これらを踏まえて、チラシを手に取った瞬間に理解できるデザインを心がけましょう。

そして、適切なエリアやターゲットを選択していきましょう。ポスティングとは、ただ近隣にチラシ配布すればよいというものではありません。また、チラシの中にはよく読まれないまま捨てられていくものも少なくありません。したがって、こうしたエリアやターゲットの選別を決定する戦略は、非常に重要なポイントになります。

ポスティングが成功する戦略とは、最適な配布プランや配布エリアをしっかり選別することが大事な要素です。今まで行ってきた過去の統計や配布実績をもとに、きちんと分析された戦略を立てることが重要となり、そしてその結果、ポスティングの効果を得ることになるでしょう。

 

ポスティングの配布方法には、それぞれの住居形態に対応した方法があり、とくに商圏エリアが狭い場合に適した配布方法は選別配布となります。これらの特性をよく理解した上でポスティングを行いましょう。

ポスティングの効果を引き出せるかどうかは、細かな工夫で大きく変わります。事前のリサーチや分析、マーケティングを充分に行い、適切な戦略を立ててはじめて効率のよいポスティングができるといえるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

わざわざチラシを作成しても、興味を持って見てもらえなければ無駄になります。数ある多くのチラシの中から、自分が作成したチラシを手に取ってもらうには目を引くデザインにすることが重要です。それでは
続きを読む
チラシは作成したら、ただ単に配布すればよいというものではありません。ポスティングには理想の頻度があり、工夫を凝らすことで反響率は大きく変わり、それによって効果も変化が現れます。しかし具体的な
続きを読む
ポスティングの方法にもさまざまな種類があり、各住居形態に適した配布方法があります。ターゲット層に合わせた配布方法にすることで、反響の効果に変化が現れるでしょう。効率よく配布していくためには、
続きを読む