新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングの効果測定を行う方法の種類とは?大まかな流れも確認!

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/11

ポスティングを行ったことによって、どういった宣伝効果が得られたのかを知ることは、今後の経営においても重要なことです。せっかくポスティングを行うのであれば、しっかりと反響率を調べておきたいですよね。今回はポスティングの効果測定を行う方法の種類や手順、注意点などについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

ポスティングの効果測定を行う方法の種類とは?

顧客に直接聞いてみる

飲食店や美容室、マッサージ店など、実際に来店した顧客に対して接客する業種であれば、顧客に直接聞いてみるのが確実です。ポスティングされたチラシを見ているのか、チラシの内容を見て来店することを決めたのか、顧客の声をダイレクトに聞くことができるため今後のマーケティングにも生かすことができます

アンケートにポスティングについての質問項目を設ける

最近は接客力の向上や顧客満足度を高めることを目的に、アンケートを設ける店舗も増えてきました。アンケートの中に「何を見て来店しましたか?」「来店したきっかけはなんですか?」といったような質問を設けることで、ポスティングがどのように集客に影響したかを知ることができます。美容室やサロンなどは、インターネット上で予約を取る人が増えているため、予約時に質問事項を設けて回答してもらうことで信頼性の高いデータを得ることもできます。

チラシにクーポンや特典をつける

よくあるのが、「チラシを持参していただいた方は○○円引き」や「チラシご持参の方にはプレゼントを差し上げます」といった手法です。普通に宣伝文句だけを印刷したものよりも集客率が高くなるうえ、いちいち店舗側が確認しなくても顧客からチラシを出してくれることになるので、ポスティングのチラシでよく採用されます。エリアやターゲット層別に色分けしたりして区別できるようにしておけば、どのような客層により反応が多かったのかもわかり、次回ポスティングする際の重要な情報にもなります。

チラシ用のランディングページを設ける

チラシに専用のURLを載せることで、そのURLにアクセスしてきた人はすべてチラシを見ているという状況を作ることができます。ランディングページであればデータ上でアクセス数などを把握することも可能ですし、正確なデータを得られます。しかし世代によってはインターネットを使用しない人も多いため、ランディングページを生かせるかどうかは業種に左右されます。

ポスティングの効果測定の手順を知ろう!

効果測定のことを考慮してチラシを作成する

まずはチラシを作成する際に、どのように効果測定を行うか考えておくことが重要です。前述したようにクーポンをつける、URLを記載する等、配布するエリアやターゲット層によって効率的な効果測定の方法は異なります。ポスティングはチラシを配って終わりではなく、その後の効果測定までが重要です。どんな手法を選択すれば効果測定が行いやすいのかをチラシ作成の時点で決めておきましょう

ポスティングする

効果測定の方法が決まり、チラシを用意できたら実際にポスティングをします。効果測定のために、配布した日数や枚数、どのようなエリアに配布したのか、逆にどのようなエリアには配布しなかったのかも記録しておきます。

効果測定を行う

ポスティング後、一定の期間を置いて効果測定を行います。

効果測定で得られた結果を次回のポスティングや今後の経営に生かす

ポスティングの目的は顧客の獲得や店舗の宣伝ですが、同時に効果測定で得られた結果を今後の経営に生かすことでもあります。また、次回またポスティングする際には今回のポスティングの反省点や改善点を踏まえて行うことができるため、回数をこなすごとに一層効果的なポスティングを行うことができます。

ポスティングの効果測定を行う際に気を付けるべきポイント

効果測定の開始時期

チラシにクーポンや特典を掲載した場合は、それらの有効期限が終了してから測定を開始しましょう。期間ギリギリまで訪れる顧客数が把握できないため、終了してからでないと正確なデータが得られません。

業種による反響率の違いを考慮する

業種によってポスティングに対する反応はさまざまです。たとえば不動産業界よりも飲食業界のほうが反響率は高いといったような違いがあります。効果測定を行う際はそれを加味して、その業種の平均値よりも反響率が高いかどうかを考える必要があります

継続して測定を続ける

ポスティングと同じで、効果測定も一度実施して終わりにするのではなく、継続して実施することでデータも蓄積され、より洗練された宣伝ツールとなっていくため、長い目で見ることが大切です。あまり短いスパンでは考えないようにしましょう。

まとめ

ポスティングは実際の配布と同じくらい、その後の効果測定が重要であるといえます。また、チラシを準備する段階で効果測定のことを考えておくことで、より多くの情報を得ることができます。ポスティングを行う際はぜひ効果測定のことも視野に入れてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

ポスティングに向いている業種と不向きな業種にはどんな違いがあるのでしょうか?ポスティングはターゲットとの相性がよいと高い効果を発揮します。そのため、向いている業種にしぼったポスティングがおす
続きを読む
効果が出るポスティングチラシの作り方をご存じですか?チラシを作るとき、商品への購買意欲を高める心理効果がいくつかあります。その中の1つがゴルディロックス効果です。よく使われる手法ですが、効果
続きを読む
集客方法のひとつとして利用する店舗が多いポスティングですが、ポスティングはクレームが起こりやすいともいわれています。宣伝のためにポスティングを行ったのにクレームになってしまっては、お店の評判
続きを読む