新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングにクレームはつきもの!事前にできる予防方法とは

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/08/08

集客方法のひとつとして利用する店舗が多いポスティングですが、ポスティングはクレームが起こりやすいともいわれています。宣伝のためにポスティングを行ったのにクレームになってしまっては、お店の評判にも関わってしまいますね。では、クレームを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。本記事で予防方法をお伝えします。

ポスティングとクレームはセット

ポスティングは、販促方法のなかでもクレームが起こりやすいといわれています。ポストにチラシを投函するため、チラシがゴミになる、不要なチラシを受け取らなければいけない、勝手に投函されていて迷惑だなどの声があがりやすいのです。

ポスティングでよくあるクレーム

クレームが多いといわれているポスティングですが、どのようなクレームがあるのでしょうか。ポスティングでよくあるクレームをまとめておきます。

配布禁止エリアへ配ってしまった

ポスティングでよくあるのが、配布を禁止している場所に配ってしまうというものです。マンションやアパートの場合、入り口やポストの近くに「チラシお断り」というような警告が貼り出されていることがあります。貼り出しされているにもかかわらずチラシを配ってしまうと、クレームになることは確実でしょう。

郵便物が濡れている

ポストの中の大事な郵便物が濡れていたというようなクレームもあります。チラシを投函するポストには、チラシだけでなくさまざまな郵便物が入っています。もし雨に濡れたチラシをポストに入れてしまうと、郵便物が濡れてしまうということもあるのです。

そのため、天候が悪い日のポスティングはやめるようにしてください。もし雨が降ってきた場合は、チラシをビニールに入れて投函するなど工夫しましょう。

同じチラシが何枚も入っている

同じチラシを何枚も入れないでほしいというクレームも多いです。ポストがいっぱいになってしまうと困るため、配布エリアの重複には注意しましょう。

チラシが散らばっている

マンションやアパートの場合、廊下や入口周辺にチラシが散乱しているというようなことがあります。これはチラシを受け取った入居者の人が捨てているということもありますが、チラシがポストからはみ出ていることで起こる場合もあるのです。

クレームが起きてしまったときの対処法

万が一クレームが起きてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。対処方法をまとめておきます。

同じことをしてしまわないように注意する

クレームが出てしまった場合は、再度同じ場所に配布してしまうことがないようにクレーム発生リストを作成し、チラシ配布を行う担当者に通達しておきましょう。

担当者別の配布リストを作成する

同じエリアに二度配布してしまうことがないように、担当者別の配布リストを作成してください。複数人で配布する場合はとくに注意が必要です。

指サックを使う

チラシを1枚ずつ投函するために、指サックを使いましょう。とくに1枚ものの薄いチラシを配布する際は使うと便利です。

名刺を用意しておく

マンションやアパートでポスティングしていると、不審者と間違えられてしまう場合があります。そのため、名刺を用意しておくとよいでしょう。

もし「何をしているのですか?」と声をかけられるようなことがあれば、名刺を渡すだけでクレームになる可能性を減らせます。また、クレームが起きてしまった場合も、名刺を渡すことで相手の人に不信感を抱かせずに済みます。

クレームが起きないようにするための予防方法

ポスティングでクレームを起こさないためにできることは沢山あります。予防策をまとめておきます。

配布禁止のエリアには配らない

「チラシお断り」の案内を見つけた場合は、その場所へ配布することはやめましょう。そうすることでクレームを防ぐことにつながります。夜間に配布してしまうと「チラシお断り」の案内を見落としてしまう可能性もあるので、日中に配布してください。

管理人さんに声をかけて配布する

「チラシお断り」の案内がなくても、マンションやアパートによっては、できるだけ配布しないでほしいと思っている場合もあります。マンションに管理人がいる場合は、断りを入れてから配布しましょう。

チラシはポストの奥までしっかり入れる

チラシが飛び出たりしないように、ポストの中までしっかり投函しましょう。ポストがない住居の場合は、チラシを配布することがやめましょう。ドアやサッシにチラシを挟む人もいますが、このようなことはクレームにつながるためやめてください。

まとめ

クレームが起こりやすいといわれているポスティングですが、クレームの対処方法を知っていることで、未然に予防策を考えることは可能です。クレームが起こらないのが一番ですが、万が一発生してしまったという場合は、速やかに対処するようにしましょう。ポスティング専門会社に依頼することでクレームを減らすことにもつながるため、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

集客方法のひとつとして利用する店舗が多いポスティングですが、ポスティングはクレームが起こりやすいともいわれています。宣伝のためにポスティングを行ったのにクレームになってしまっては、お店の評判
続きを読む
チラシを配布しようとした時、その方法について悩むこともあると思います。大きく分けて、ポスティングと新聞折込チラシの2種類の方法が考えられます。直接チラシが手元に届くという点では、どちらも同じ
続きを読む
株式会社新潟日報メディアネット 住所:【本社】〒950-1102 新潟市西区善久772番地2 新潟日報社黒埼本社内 TEL:【本社】025-211-3555(代表) 新潟日報メディアネットは
続きを読む