新潟県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングの反響率を高めるための具体的な方法を学ぼう!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/11/08

ポスティングをするなら反響率を知ることが大切です。反響率の高いポスティングを行うことで成果を得ることができきるでしょう。この記事ではポスティングの反響率について、計算方法や各業界の平均値、反響率を高める方法について解説しています。これからポスティングを行うために押さえておきたい内容なのでぜひ参考としてみてください。

ポスティングにおける反響率とは何を示しているのか?

ポスティングの反響率とは、ポスティングを行った際にどれくらいユーザーからの反応があったかを数値化したものです。たとえば、チラシを10,000枚配布したとして、そのチラシを見て来店した人数が1人だった場合の反響率は以下の方法で計算できます。

反響数(1人)÷チラシの枚数(10,000枚)×100=反響率(0,01%)

このように数値化できます。しかし、反響数はチラシやサービス内容、どの段階で反響数とカウントするのか業種によって異なるでしょう。

また、反響数を見るには工夫が必要です。たとえば、配布チラシに「チラシ持参」などの表記をしたり、チラシにQRコードをつけてそこからWEBサイトへアクセス、問い合わせフォームへ誘導したりすることでチラシからの流入数を調べる方法があります。

業務別のポスティングの反響率

ポスティングの反響率は業種によって判断基準が異なるため、それぞれの業種別に反響率を紹介します。これから、ポスティングを行う方はどのパターンでサービス提供するのかで参考としてみてください。

不動産会社

不動産会社が戸建てや分譲マンションの販売のためにポスティングを導入する場合は、第一ステップとして内覧会やイベント案内のポスティングを行うことが有効です。

販売価格が高額な物件であるため、ユーザーの興味を惹き信頼関係を築くことが大切ですよね。最終的な物件購入のためにはまず、不動産会社へ興味を持ってもらう必要があり、ユーザーがアクションを起こしやすい企画内容で集客する流れをつくる必要があるでしょう。

「チラシ持参で〇プレゼント」などユーザーにとって有効な情報や価値のあるチラシを作ることで、来場の可能性も高まります。不動産会社の反響率の平均は0,01~0,03%といわれているため、1万部配布して1~3人の集客が見込めるでしょう。

リフォーム会社

リフォーム会社のチラシでは無料見積もりサービスの案内をすることで問い合わせの可能性が高まります。リフォーム会社の平均反響率は0,01~0,03%です。1万部の配布で1~3件の見積もり依頼が期待できるでしょう。

リフォームといっても、その内容はさまざまなリフォーム箇所があり、価格にも差がありますよね。リフォーム会社でポスティングを成功させるには、その地域住民にリフォーム会社の位置づけで認知してもらう必要があります。

リフォームはすぐに必要なものでない場合もありますが、10年以上の住宅であればメンテナンスが必要な時期がやってくるでしょう。そのため、必要な時のために保存しておけるようなチラシ内容や、気軽に見積もりが取れる内容とすることで必要な時に依頼してもらえる確率が高まります。

スポーツジム

スポーツジムのポスティングを行う場合は体験申し込みを指標として反響率をみるとよいでしょう。スポーツジムの平均反響率は0,01~0,03%といわれています

スポーツジムは長期的に継続してもらうシステムなので入会へと誘導するためにも、まずは体験会に足を運びやすくする工夫が必要でしょう。

飲食店

飲食店の反響率は他業種と比べて少し高めです。平均反響率は0,03%で1万枚配布で3名ほどの集客が見込めます。他業種と比べ、単価が低く、単発利用であるためユーザーも反応しやすいジャンルです。

しかし、競合も多いため、ライバル店との差別化や地域の特性に合わせた雰囲気、価格、サービス内容を用意するとよいでしょう。

ポスティングの反響率を高めるための具体的な方法とは?

ポスティングの成功のカギを握るのは「反響率」を上げることです。どれだけ多くのターゲットにリーチするか、そしてそのうちどれだけアクションを起こしてもらうかを徹底的にみていきましょう。反響率を高めることを指標として逆算していくことで、具体的な方法が見えてきます。

たとえば、ポスティングで学習塾の体験申し込み者数を増やしたい場合、体験見込み人数を定めることが大切です。そして、その業界の平均反響率をみることでおよその配布部数を算出していきましょう。

学習塾の場合であれば、塾の雰囲気や特徴(地域密着型なのか、全国レベルでの進学塾なのか、など)に合わせてターゲットや配布エリアを絞ります。これによってリーチ数を上げ、さらにリーチしたターゲットがアクションを起こしたくなるようなチラシを構成することが必要です。

ターゲットにとって有益なチラシ内容、保存しておきたくなるような内容、期間を限定してすぐにアクションしたくなるキャンペーンなどを用意することもよいでしょう。また、ターゲットの目に止まりやすいチラシデザイン、ぱっと一目でみて興味を惹く、内容がわかるものが大切です。

さらに、アクションをするためのハードルを低くすることで反響率がさらに高まります。たとえば、QRコードで簡単にアクセスできる、WEBサイトで予約までの導線が簡潔で手軽にできるといったものを用意してみましょう。ターゲットを想定しできるだけ、簡潔にアクションまでの誘導を意識してチラシを構成することが大切です。

 

今回はポスティングの反響率について、その詳しい算出方法やそれぞれ業種別の取り入れ方を紹介しました。ポスティングをするなら絶対に抑えておきたい「反響率」の理解を深めることで効果も期待できます。これからポスティングを行う場合は反響率を高めることを意識してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

わざわざチラシを作成しても、興味を持って見てもらえなければ無駄になります。数ある多くのチラシの中から、自分が作成したチラシを手に取ってもらうには目を引くデザインにすることが重要です。それでは
続きを読む
チラシは作成したら、ただ単に配布すればよいというものではありません。ポスティングには理想の頻度があり、工夫を凝らすことで反響率は大きく変わり、それによって効果も変化が現れます。しかし具体的な
続きを読む
ポスティングの方法にもさまざまな種類があり、各住居形態に適した配布方法があります。ターゲット層に合わせた配布方法にすることで、反響の効果に変化が現れるでしょう。効率よく配布していくためには、
続きを読む